toggle
2019-12-21

産後ドゥーラ飯   ミネストローネ

先日の13日は、満月でした。
産後ドゥーラのお客様がその翌日にご出産されました。
月の光をみる度に、自分が出産した日を思い出します。

とても大変な思いをされて出産されたお客様が、
いつも笑顔で、明るく。大変であればあるほど、笑顔が素敵なんだなぁと
思うのも、この仕事をして気が付いた事です。


先日のドゥーラ飯。
お客様のリクエストで、ミネストローネスープ。筑前煮。
あとは、冷蔵庫に在るもので、適当に。
大根シーチキン、ヒジキ煮物、ほうれん草、キノコの醤油煮。
片付けまでで、最初のキッチンで、所用時間2時間でした。

味は、薄味に徹して、出汁からとりました。
出汁があるご家庭で、キッチン用具も沢山あり、
ガス火の火力が強くて、いい感じでできましたが、
お客様が美味しいと言ってくれるまで不安しかないです((笑))

偉いなぁ~と思います。
私なんか、冷蔵庫空っぽで、何もなかったし。
毎日、旦那が買ってくるお弁当待ちでした。
見るに見かねた、義母が色々助けてくれましたが。
義母も仕事があり、介護ありで大変な時期でした。

産後ドゥーラを使う事で、産後のストレスが少しでもなくなれば
その後の生活がとても楽しいものになります。
私は、産後が本当に辛かったので。
今でも、あの時を思い出すと
マンションの屋上に上がって、何時間も泣いていた事や、
実母がきてくれたけれど・・・
色々、傷ついた事等を思い出して
ずーーーーんと落ち込んだりします。
費用はかかりますが、産後サポートを誰かに委ねる方が、
気楽で、尚且つ、傷ついたり、しないのではないかと思います。
友人達と話すと、義母のこの一言が許せなかったとか。
旦那のここがとか。文句満載。でも・・・本当に辛かった事は、
人には話せず、心にしまったままで生きていきます
そんな事を乗り越えて強くなるのかもしれませんが。
産後の疲れた体に、心まで傷ついたりして
引きずったりしないように。

そう思う日々です。


この筑前煮。同期に相談したら、具材が大きいと教えてもらいました。
だよね。だよ。と納得。
同期の存在がとても嬉しいです。
全国にいるドゥーラ仲間が頑張っている。
私も頑張るぞぉと。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です