toggle
2022-02-02

産後ドゥーラ協会より理事来阪

関西チームを発足に辺り、
東京より産後ドゥーラ協会の理事が来阪して講演会を開催してもらいました。

前列、左下が 梁川妙子 先生です。
zoom参加もありましたが、私は、現地で参加。
梁川先生は、東京中野区の議員を24年に渡り勤め上げ、
尚且つ、全国で一番最初に
産後の①ショートステイ、②デイケア、③訪問支援を産後ドゥーラに。
区の助成金を出して取り入れた方です。
65歳で引退されて、そこから、産後ドゥーラになられ、
今も現役で、産後ドゥーラとして、現場で働き
尚且つ、普及活動の為、全国を飛び回っている
72歳のスーパーウーマン。

出産されるまで、保育士としても働いておられ、
一時期、専業主婦をされておられましたが。
人望なんでしょうね・・・。
議員として働き始め中野区で知らない人はいないというぐらい。

議員までされたら、その後は、ゆっくり・・・。
ではなく、産後ドゥーラになった所が、凄い!!
人間的な魅力が満載で、講演会も引き込まれるほど素晴らしい物でした。


これは、梁川先生の写真で埋め尽くされていますが、
議員時代の方々に見せたら、びっくりされるそうです。
現役時代は、男社会の中で必死でくらいついて、働いたと言っていました。
お酒も飲まないといけなかったし、強くもなったと。

スーパーキャリアウーマンの顔も持ち、
母親の顔も持ち、
産後ドゥーラとして、現場で働く姿も持ち。。。
どこから、そのパワーが出てくるんですか?
何度も梁川先生に聞いてしまいました。

ママを助けたい。現場の声を聞いて欲しい。
産後ドゥーラを一人でも多くのママに。
そして、産後ドゥーラになる人も増やしたい。
もう、溢れんばかりの使命感。

使命感は、どこから湧き上がるんだろう。
そんな事を考えさせられました。
後半は、関西チームの話を聞いて頂き、
東京とは違う、関西の状況。私達のやりたい事を知ってもらいました。
色んな熱い思いを持つドゥーラがいてる事。
小さな力も、集まれば大きくなって行くと思います!!



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。