toggle
2019-07-09

産後ドゥーラ勉  建設的うつ

ご存じの方も多いと思いますが、
バースコーディネーター 大葉ナナコ先生。
年齢・・・50代なのに・・・スタイル抜群でとっても美しい方でした。
私は、10年程前から名前だけは知っていたのですが、
産後ドゥーラの講師なんだと驚きました。
美しく、聡明で、尚且つ5人のお子様。
話し方は、起業家という印象で、スーパーマルチ。

印象に残った言葉は、
建設的うつという言葉でした。

時として人はどーーーーんと落ちる。落ちて上がってこれない。
これは次へのステップであり鬱病でも、
建設的うつは決して悪いことじゃないと。

私も、心底落ち込んだ経験があります。
仕事をある日突然辞める事になり、それから一年間誰とも話さない。
笑わない。という経験をした事があります。社会人生活の中で、1年間仕事をしなかったのは2回の産休の時以来初めての経験うつした。
子供達の無邪気な笑顔に救われたのだと思います。
このままじゃ駄目だと、設計事務所へ再就職。新しい3Dソフトも覚えて
デザインの勉強も再開でき、なぜだか・・・生活支援員になり
産後ドゥーラという資格取得に挑戦という・・・。
ああ・・・あれは建設的うつだ!!!
と思いました。
必死で頑張り続けたのに・・・・ある日何もなくなったら。

産後の女性は体調やホルモンの影響もあって落ち込んだりする事があります。
人は、生きている中で時間をかけても、立ち上がれない時があるかもしれません。泣きながら毎日地獄だと思う日もあるかもしれない。
なんで自分だけと、嫌になることもあるでしょう。

ですが、建設的うつ ならば・・・
あの時落ち込んだ涙や
地に落ちた気持ちが
上へあがれるジャンプにつながる!! 思います。



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です