toggle
2019-07-04

産後ドゥーラ 傾聴

沢山の著書を出版されている 諏訪茂樹先生の授業でした。
すらっと高身長の手指が美しそうな・・・精神科医って感じのイケメンな先生

不妊治療の病院で精神科医として勤務していらっしゃるそうです。
軽快な口調でとてもお話上手で楽しい授業でした。

この授業も深すぎて、この短い時間では到底理解できなかったです(汗)
第1期生の先輩ドゥーラが毎年、傾聴の講習を受けると言っておられたのを思い出します。
ドゥーラはとにかく、勉強し続けないといけない仕事だとおっしゃってました。
話を聞いてくれるだけで楽になるといいますが、その存在を産後のとても繊細な時期に目の前のドゥーラが出来るのでしょうか。
深い授業の連続で追いつかないです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です